SiM横アリの余韻未だ冷めやらぬ

1ヶ月近く前のことを書きます。
10月16日、あるライブに参戦してきました。
レゲエパンクバンド、SiMの横浜アリーナ公演です。

SiMは今年の4月に自身4枚目のフルアルバム『THE BEAUTiFUL PEOPLE』をリリースしました。
そのアルバムを携え、全国25か所を回る『THE BEAUTiFUL PEOPLE TOUR 2016』を刊行しました。
このツアーのファイナルが、横アリ公演でした。

もちろんツアー中、私の地元に来た時も参戦しました。
そのとき初めてSiMのライブに参戦したし、初めてのライブでしたが、とっても楽しかったです!
だから、ツアーファイナル開催決定を聞いたときは迷わず応募しました。
何とか一次選考でチケットが取れたので、チケットを確保したその時からずっと楽しみにしていました。

これまでSiM含め、さまざまなライブに参戦していますが、実は横アリに行くのは今回が初めてでした。
ライブがある日は、たいてい物販をやっています。
物販とは、グッズの販売のことです。
横アリ公演限定のグッズがあったりして、物販もとても楽しみで…。
11時から物販開始でしたが、絶対みんな並ぶので、最低でも1時間半くらい前には横アリに到着していたかったのですが、
自分と、一緒に行った友達の用事が結構時間が掛かってしまって、結局会場についたのは物販開始5分前でした。
結果2時間半くらい並びましたが、時期が時期なのでそこまで陽に照らされることもなく、
自分がほしいものは買えたので満足でした。

開場時間まで時間がたっぷりだったので、新横浜駅内をプラプラしつつ時間をつぶして、
身一つ(チケットは持って)で会場に向かいました。
私はDブロック(アリーナを縦に3等分した場合、ステージから見て右側)で、整理番号もかろうじて2桁台でしたが、
50番台だったこともあり、最前列は諦めていました。
しかし入場してみると、なんと最前ゲットしてました。
最前は柵をしっかりつかんでさえいれば、モッシュ(満員電車のような状態でぶつかり合うこと)に巻き込まれることもないし
ステージも割とよく見えるので最高でした。
ツアーでのときも最前2列目だったことを思い出し、自分ついてるな、と。
そしてステージの雰囲気もSiMそのもので…。開演までの時間って普通ながくてもどかしいんですけど、
ステージを見てるだけで楽しくて、時間はあっという間に過ぎていきました。
気づけば始まっていて、いっぱい頭振って拳挙げてました。
そして気づいたころには終わっていました。

最高に幸せな時間でした。
やっぱりSiM最高だなと、だいすきだなと再確認できた1日でした。
終演後に、来年『THE BEAUTiFUL PEOPLE TOUR -seasonⅡ- 2017』と題したツアーをやるというサプライズ発表もあり、
最初から最後までドキドキさせてくれました。
もちろん側応募し、2公演チケット確保済みです。
いまから楽しみです。

私はとにかくバンドがだいすきです。
SiMがだいすきです。
もはや私の空気です。
激しいバンドで歌詞も英詞ですが、和訳するととても深い。音も最高です!
もし機会があれば聴くだけでもいいので聴いてみてほしいです。ダイエット