コツコツやるのが苦手なので気分がノッタ時にまとめて

晩秋にもなるのにこんな話をするのはおかしいが、小学生の時の夏休みの宿題というのは非常に嫌だった。とはいっても、全部が全部嫌なわけではないドリルとか普段の勉強のものであれば、別にくにもならないし普段と違ってまとめてやっておけば後で苦しむ心配もない。
むしろ、算数などは最初の1週間で終わってしまいあとは、忍耐の漢字とか繰り返すものが多かったのでそれらを2週間ぐらいで片づける。
よって、あとの夏休みは大いに遊べる!…
と思ったら大間違いだ。
まずは、苦手とすう毎日の絵日記とか観察なんちゃらというものです。毎日コツコツ、これが苦手な一つですなあ…
おとなになってからもそれは、変わらずブログとか毎日更新した方がいいものなんて全然書かない日もあれば、せきを切ったように非常に沢山の記事を馬鹿みたいに書くことも多い。もちろん、文章能力の程度は低くて内容もあまりないのは当然ことなのだが、一応書きたいことというのは自分なりにはいい発想を思いつく(と本人がおもっているだけかもしれないが)のだがそれを文字にして表現する能力はないということだ。だからこそ、気分が乗っているときは少々文章がおかしかろうがかけるというわけ。
というわけで、今日は妙にテンションだけハイなのでいろいろ書いていこうと思うのだ。痩せる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です